STAFF'S VOICE先輩の声

チーフプランナー 田中 愛子

Why did you join DLIGHT? フォトグラファーって
どんなお仕事ですか?

サラハウスのフォトグラファーは、愛情いっぱいの写真を作品にするのが仕事。撮影はもちろん、お客様との商談やアルバム制作などの作品づくりも手掛けます。また、店舗によっては営業戦略や売上管理など店長としての仕事も。私はサラハウス木津川で、撮影も運営管理もすべて任されています。

Why did you join DLIGHT? ディライトを選んだ理由

ムービーからスチールへ、
思い切って方向転換。
大切なのは
「やってみよう」
という気持ち。

専門学校の映像コースでカメラ技術を学び、テレビ番組を制作する技術会社でカメラアシスタントをしていました。いろいろ学べて楽しかったけれど、テレビ番組制作は大人数が関わる仕事なのでなかなか自分の個性が発揮できません。「私がいなくても番組はできる」「もっと、自分が必要とされる仕事に就きたい」「大好きな子どもに関われる仕事がしたい」。そう思ったのが転職を決めた理由です。
「写真・子ども・奈良」で求人を検索すると、ヒットしたのがサラハウスでした。とはいえそれまで私が学んできたのはムービー(動画)で、サラハウスが扱っているスチール(静止画)ではありません。その意味ではまったくの素人だけど、面接では「やってみようかなって思ってもらえたら、それで十分です」と人事の方に言っていただき、オープン初日のサラハウス橿原店に配属されました。
スチール写真の技術はないけれど、撮影現場の経験は豊富です。まずはアシスタントからスタートして、徐々にカメラの勉強をしていきました。同時に、写真を飾るフレームやアルバムのデザイン、売上管理も勉強し、翌年には新しくオープンするサラハウス木津川を任されることにいなりました。

What is value for you working at DLIGHT? ディライトで働く魅力

2年前の自分からは
想像できない仕事ぶり。

「写真スタジオを任される」
やりがいと手ごたえ。

サラハウス木津川は、私と2名のパートタイマーで動かしている子ども専門の写真スタジオです。ご来店くださったお客様の写真を撮影し、ご希望のアルバムやフレームに加工してお届けするまで対応します。最初から最後まで一貫してお客様とお付き合いするため、選んだ写真の差し替えや商品のデザイン変更などきめ細かく対応できるのが特長。サラハウスの顧客満足度が高い理由のひとつでもあります。作業は大変だけど、いいものを提供して喜んでいただけると嬉しいし、「顧客とフォトグラファー」以上の関係が生まれるのも魅力。「ここで撮影して良かった」「来年もまた来ますね」と言っていただけるのは、この仕事の何よりの喜びです。
この店の運営や管理など「店長」としての業務も私の仕事。売上管理のほかにも、集客のためのイベント開催や新しい商品プランづくりなど、自分なりの販売戦略を考え実践しています。「私がいなければお店が成り立たない」というのは責任も大きいけれどそれ以上のやりがいがある。それこそ、私が転職で求めていたものでした。
私の夢は「サラハウス」の名をみんなが知っているブランドにすること。子どものための写真スタジオは他にもたくさんありますが、その中で選ばれるブランドであるために、これからもお客様にもっと喜んでいただける仕事をしていきたい。

Message to students 就職活動中の学生へメッセージ

大切なのは
「やってみようかな」
という気持ち。
ディライトで、
大きく成長してください。

スチール写真の経験がなく、子どもと関わりたいという思いだけでディライトに来ました。それが、わずか2年足らずの間に、写真撮影だけではなく、接客や営業も学ばせてもらって、写真スタジオを任されることになるなんて。転職した当初は想像もしていませんでした。
ディライトは、いろんなことに挑戦できる会社です。私が人事の方に言われたように「やってみようかな」という気持ちがある人は、ディライトでの仕事はすごく楽しいと思いますよ。カメラの技術があって撮影に専念したいという人もいるかもしれないけれど、それ以外の業務を「関係ないことはしたくない」と思わないで。接客や営業はお客様との距離感を近づけてくれるから、より良い写真を撮ることにつながります。目の前の仕事が単なる雑務と思えたとしても、その仕事の先に何がつながっているかをちゃんと見極めて大事にしてほしい。そうすれば、自分が思っていた以上に大きく成長できますよ。